2016年9月開催のリオパラリンピックに向けて、次のような取り組みを進めています。

 伸ばす 育てる 発掘するという目標を基に強化施策を策定し、PDCAサイクルで実行計画の評価を行いながら取り組むこととする

①? 伸ばす

 2013年1月時点で8位記録以内に該当する選手を重点強化し、メダル獲得を目指すための練習環境条件を整える。 特に、JPCとの協働によりマルチサポートを行う。

②? 育てる

 2013年1月時点で21歳以下の有望選手を育成強化し、メダル獲得を目指す。このための練習環境条件と教育条件を整える。

③? 発掘する

 健常者の大会に出ている選手や他の競技に出ている選手などで水泳に適した身体面を持っている選手を発掘する。このための情報収集を強化するとともに 広報活動を強化する。

?④?強化・育成選手のための資金活動など

 選手育成のために必要な財政基盤の確立を図るため、支援者獲得活動を展開する。