日本代表チームは9月30日~開催予定であったメキシコシティ世界選手権に出場すべく、現地で事前合宿を行っていました。
現地で、日本時間9月20日(水)未明に発生したメキシコ地震では無事が確認された後、ホテルで滞在をしておりました。
被災されたメキシコの皆様には、あらためてお見舞いを申し上げます。

代表チームは、大会が延期になったことから早期の帰国を進めておりましたが、帰国便が複数便に渡っての帰国となり、本日、最後の選手
役員が帰国いたしました。
この間、皆様には、ご心配をおかけいたしました。また、多くの方から暖かいお言葉賜り感謝申し上げます。
 このアクシデントに負けず、モチベーションを維持しながら今後の大会に備えたいと思います
本当にありがとうございました

日本身体障がい者水泳連盟 会長  河合純一