カナダ・モントリオールで開催されている世界水泳選手権大会最終日

鈴木選手が50m平泳ぎで金メダルを獲得、木村敬一選手も200m個人メドレー

で銀メダルを獲得 木村選手は5つの出場種目すべてでメダルを獲得(金2、銀1

銅2)という快挙を成し遂げました。

日本チームは 大会を終えて 金3、銀3、銅3 計9個のメダル、15の入賞

を果たしました。  メダリストは 木村敬一選手、鈴木孝幸選手、田中康大選手

小山恭輔選手の4人となっています。

このような成果を得ましたのも 多くの皆様の支援のおかげでございます。

本当にありがとうごさいました。

日本選手出場イベントスケジュールと結果(最終2)