2010年IPC Swimming ライセンス登録について

IPC Swimmingライセンス登録制度は2009年からスタートしたシステムで、2009年は60カ国から1400選手が、日本からは62選手(うち知的水泳連盟から5選手)が登録しました。
ライセンス登録は主要なIPC Swimming公認国際大会へ参加するためには必ず行なわなければならない登録であり、また、登録者の成績が2012年のロンドンパラリンピック大会へ向けた枠取りにも大きく関わってくると言われています。そのため、当連盟としても、国際大会等で活躍している選手や常に世界ランキング上位に名前を連ねている選手に加え、これから国際の舞台での活躍が期待される選手にも、この登録を勧めています。2010年の有効期間は、2010年1月1日から12月31日です。(年度ごとではないのでご注意ください)。
なお、当連盟会員のIPCへの手続きは、当連盟で一括して行ないますので、希望される選手は、期日までに必要書類を指定された宛先へ郵送およびメールにてデータ提出するようお願いいたします。

申込締切日:2010年2月20日(土)
締切日を超えた申し込みは一切受け付けません。期日厳守でお願いします。

詳細は下記でご確認ください。
ky2010licencesetumei

《必要Formはこちらです。》
★IPC Eligibility Code Form:

ky2010IPCEligibilityCodeForm
記入用サンプル:

ky2010IPCEligibilityCodeFormSample

★自己紹介票 (Athlete Biography data):その2を参照してください。

不明な点の問い合わせについては、jsfd_maslhbnyk@yahoo.co.jpまで。
(このメールアドレスでは、ライセンス登録についての問い合わせ以外は受け付けません。質問と問合せ先を間違えないようにご注意ください。)